Menu:

FXの基礎


FXの学習法や上達法はたくさんあります。FXの基礎について学ぶのはインターネットや本などを、たくさんの資料があるので独学でも簡単にできると思います。

上達法となるとそうは簡単にいきませんが、FX会社でデモトレードのサービスをしているところがあるので、自分の資産を減らすことなく、実際と同じトレードを行なうことができます。

FXもスポーツと上達法は同じだと思います。ルールを知り、練習し、実践していく、それを繰り返していくことだと思います。


リスク管理


もちろん規模の大小関わらず金融取引におけるリスクを管理する事は大切で、ハイレバでリスク管理が出来ないと退場に繋がってしまい、大きな損失を抱える事もありますから、利点を活かして取引を行いたいものです。

rwerwewer



海外のFX業者を使う最大のメリット


日本国内では法人ではなく個人投資家は証拠金に対して25倍以上の取引を規制される事になりました、これはFXにおいて最大の魅力の部分にも関わる事ですし、非常に大きな問題で、レバレッジ規制後にはFXを辞めてしまう人も多かった位に影響がありました。それまでは国内でも数百倍の取引も可能だったのですが、段階的に50倍、そして今のように25倍と下げられていきました。小額資金でも大きな資金を作りだせる可能性がある所が魅力だったのですが、今は規制に従う他ありません。


twere Pepperstoneは、2010年1月よりECN方式のブローカーとしてサービスを開始ししました。運営母体であるPepperstone Financial Pty Ltdの経営陣は、Forexサービスの提供にあたり2大コンセプトを掲げ、クオリティーの高いサービスを実現するガイドラインを構築しました。
<2大コンセプト>
(1)過度の広いスプレッドや、約定の遅れなどによる投資家の機会損失を無くす
(2)最高レベルの顧客サービスを提供する

高いクオリティーを武器に業界に参入しましたが、新規参入には変わりなく、信頼性向上努力も積極的に行っています。信託保全義務の無いオーストラリア圏内ブローカーにも関わらず、顧客の資金の全額を、格付けAAランク以上の銀行(National Australia Bank、HSBC BANK)に分別保管している点は、非常に信頼でき、高い評価を得られます。
tier 24Optionは購入後にオプションの権利を放棄できます。条件としては60オプション以外の3オプションであり、それぞれ15分間の間に10分間まで購入が可能で、15分経つ前であれば放棄できます。しかし、残りの5分間は締め切りがあるため、権利放棄はできないようになっていますので、トレーダーは早目の判断が求められます。損切り、利益の確定といった判断は時間とともに権利放棄することができなくなっていきますので、素早い判断力を発揮しましょう。

勝った場合のリターン率ですが、投資した金額の75~89%がリターン分です。これは普通の投資に比べて高い率となっています。バイナリーオプションの制度は最大損失・最大利益が前から決定しているので、投資し過ぎて想定外の損を出してしまうなどということはありません。FXとバイナリーオプションが違うのはここです。FXのの場合、想定外の大きな損があったり、リスクヘッジをしても損が出る可能性がありますが、バイナリーオプションは損失分が最初からわかっているので、リスクヘッジをしやすいというメリットがあります。
orik キプロスに本拠を置く「トレードラッシュ」は、近年日本市場に入ってきている海外のバイナリーオプション取引業者のうちの一つで、高いペイアウト率を売りにして、頭角を現しつつあります。トレードラッシュは、バイナリーオプションの対象指数もたくさんあり、最低預託金ならびに最低投資額も比較的低めに設定されているため、初心者にも取っ付きやすい業者だと言えます。

トレードラッシュで扱われているバイナリーオプションの種類は多く、最も一般的なハイロー・オプション(指定された時間に今より高くなるか安くなるかを予想)以外にも、ワンタッチオプション(指定された時間内に一度でもその価格に到達するかどうかを予想)、オプションビルダー(期限などを自由に決められる)、60セカンド取引(60秒間=1分間で勝負が決まる)、などが行なえます。
utut SmartOptionではキャンペーン期間中にキャッシュバックボーナスのプレゼントを行っており、3万円以上の初回入金を行ったお客様は1万円を、6万円以上の初回入金を行ったお客様には2万円、9万円以上では3万円をキャッシュバックボーナスとして払い戻しを行っております。

※ご入金額に加えて15倍の金額の取引を行った場合にのみ、キャッシュバックの払い戻しが行えます。

SmartOptionは日本語対応がしっかりしています。電話、メール、ライブチャットといったサポート体制が整っているわけですが、そこにはアジア市場重視の方向性が見えます。SmartOptionは従来の市場よりもこれからは未開拓市場であるアジア、とりわけ日本市場はまだまだFX開拓の余地があると見ているようで、ボーナスの支払いなどに力を入れているのはこういった訳があるからなのです。
utiirrr 人手を介さずにオーダーを流すSTP方式の業者FxNetは、人手を介するMM(マーケットメーカー)方式の業者とは違い、トレーダーに対して公平な業者である、と言えます。また、どんなタイプのトレーダーでも利用しやすいように、「リクオートしない、注文拒否しない、全トレード1秒以内の約定、スカルピング・ヘッジングなどOK」といった取引ツール商品を提供してくれます。

さらに、FXNetでは100%の信託保全も行なわれています。バークレー(英国最大手の銀行)などの大手銀行で資金が分別保管されていますから、「万が一のことが起きても安心できる補償体制が整っている」と言えます。また、手厚い日本語のサポートもありますから、「日本人にとって、FXNetは特に注目すべき海外業者の一つだ」と言って良いでしょう。


しかし、国内個人投資家でも海外のFX業者を使う事で何百倍もの取引が可能になっています。ここが今の国内個人投資家にとって、海外業者を使う最大の魅力であることは間違いありません、レバレッジが数百倍、千倍と取引可能な所もあるので、非常に有難いと感じる方も多いです。

他にも海外FX業者を使うメリットは、国内には無い組み合わせの通貨による取引も可能なので、よりワールドワイドな視点で取引を行えるようになっていて、スケールが大きくなるのです。

いずれにしてもレバレッジを大きく出来るのが最大の魅力で、海外業者に口座を開くのも簡単になっています、日本人投資家を招く為に、日本語に対応している業者もありますし、デモ取引を行えば簡単に海外業者のツールに慣れる事も可能です。

日本でもメタトレーダーのような世界標準のツールを使っている場合はスムーズに移行出来ますし、今後は海外業者の口座を1つ作っておくのはFXトレーダーにとって必須の時代かもしれません、やはり市場には勝負どころというのは存在しますし、その勝負するべき時に資金を大きく賭ける事が出来ないというのは、みすみす利益を逃すようなものです。

レバレッジを大きくする事はリスクも同時に高まりますが、トレーダーにとっては必ずこの局面なら勝てると思えるような瞬間というものは存在します、そんな時に小さなレバレッジで行っていては、資金を大きくしていくのに大変な時間がかかってしまうものですし、勝負の時の為にもハイレバレッジと言われる大きい取引を行えるように整えておくのは投資家として必要な部分です。

教職員と兼業、これは主に、国公立系の学校の教職員ではなくて、私立の大学・高校・中学・小学校などの教職員に見られるような傾向があるといえます。

そうした学校なども、やはり私立である以上、経営状態などがあまり芳しくはないようなところなどの場合には、事業者主体が自身が勤めている学校と同じ、あるいは共同事業経営をしている受験予備校や資格予備校、専門学校、系列会社研修施設、保育施設などでの非常勤講師などを勤めたりする事は、あまり珍しい事ではありません。

もちろん、それらの同系列の学校や施設での非常勤講師の仕事を兼業で行う事自体は実に大変なことであり、時間的あるいは体力面、精神面などにおいてもかなりハードな勤務環境でもあり、場合によっては心身両面での衛生状態を損ねたりしてしまう危険性などもあるため、このような勤務形態の職場である学校の教職員をされたりしている方には、一般の方などはとても感心をさせられるのかもしれません。

また、私立の大学などにおいては、普段は通学生や夜間学生などの講師職をしながら、土日や冬季・夏季・春季のそれらの休み期間において、全国各地から来る通信制や半通信制の学生さんの分の、学校での専門科目の直接授業を長時間も担当したりするなど、本当に目を見張るような活躍ぶりをしている兼業教職員の方などもおられますので、本当に何も言う事がありません。

ただ、精神的・肉体的・健康面などにおいて、これまで述べてきた何れの兼業での場合においても、本当に全ての日常面においての負担が一度に掛かってくるという点で、決してお勧めできるものではありません。

また、独り者の方ではなくてもう既に家庭を持ち、お子さんなどもある程度大きくなっているような様子の所帯を抱えたりしている教職員の方などの場合には、お仕事の負担と家庭面においての負担とのバランスというものを、上手く考えていかなければなりませんので、そういった面でも大変苦労をされるかもしれません。

さらに、お仕事の面での配分も、本業である属している学校の講義授業と、非常勤としての立場で行う学校内外での講義授業とのバランス配分のやり方なども必要になってきますので、そうした面でもかなりな心身面での負担が出て来たりする場合があります。

やはり、その自分自身が属している学校法人の顔という面も考えながら、非常勤の分の兼業でのお仕事の時間配分をも含めて、自分や家族との時間を確保をしていけるか否かに関しての考察の必要性を常に強いられるような状態でもありますので、本当に教職員の兼業というカタチでの仕事への取り組み方といったものは、実に大変なのは間違いがありません。