Menu:

FXの基礎


FXの学習法や上達法はたくさんあります。FXの基礎について学ぶのはインターネットや本などを、たくさんの資料があるので独学でも簡単にできると思います。

上達法となるとそうは簡単にいきませんが、FX会社でデモトレードのサービスをしているところがあるので、自分の資産を減らすことなく、実際と同じトレードを行なうことができます。

FXもスポーツと上達法は同じだと思います。ルールを知り、練習し、実践していく、それを繰り返していくことだと思います。


リスク管理


もちろん規模の大小関わらず金融取引におけるリスクを管理する事は大切で、ハイレバでリスク管理が出来ないと退場に繋がってしまい、大きな損失を抱える事もありますから、利点を活かして取引を行いたいものです。

rwerwewer



FXと為替レート


ppio FXは通貨を銘柄にした金融商品になります。FXでは、異なる2つの通貨の売買を行い、外国為替市場の為替レートの変動を利用して、その為替差益を求めていくことになります。

ですので、FXで利益を積み上げていくためには、為替レート対する知識が必要になります。
外国為替市場では、各国の通貨の価格が秒単位で変動しており、これを全て網羅することは大変に難しい事ですが、FXで投資取引を行おうと考えているのであれば、この中から自分が取り扱う通貨のペア2つについては、しっかりと抑えておかなくてはなりません。
通貨にはそれぞれに特徴があり、例えば値段の変動が激しいとか、金利が高いなどの言わば個性のようなものを備えています。
この中でも特に覚えておいて損はないのは、米ドルと円になります。

米ドルは基軸通貨とも呼ばれ、世界で一番の取引量を持つ通貨になり、安定性も高く、メジャーであるためにその通貨の情報も手に入れやすくなっています。
また、円は言うまでもなく日本の通貨であり、取引量も豊富で安定している通貨のため扱いやすいと言えますし、経済情報も入手しやす胃ことに間違いありません。
初めてFXを始める、もしくは、投資取引自体が初めてだという場合であれば、この米ドルと円の通貨のペアを銘柄として選ぶと良いと思います。

米ドルと円の通貨ペアを取り扱う上で欠かせないのが、円高、円安の知識になります。円高、円安については、我々の日常生活などにも頻繁に関わってくる問題ですので、理解をされている方も多いのではないかと思います。

1ドルが100円という状況を考えてみましょう。これが1ドル120円になれば円安になり、1ドルが80円になると円高と呼ばれる状況になります。
例えば、10ドルの海外のキャラクターグッズがあったとします。1ドルが100円の為替レートであれば、このグッズは当然1000円で買うことができます。
ところが、為替レートが変動して1ドルが120円になったとします。すると同じグッズが今度は1200円を出さないと買えなくなってしまいます。これは円の価値が下がってしまった、安くなってしまったので、余計にお金を出さないと買えなくなってしまったので起こる現象です。
次は為替レートが1ドル80円になったとしましょう。今度は同じグッズを、わずか800円で買うことができました。これはドルに対しての円の価値が上がったため、高くなったので、少ない金額で買えるようになって起こる現象です。

このように、円高、円安とは、基軸通貨である米ドルに対して、円の価値が高いのか、低いのかで判断されます。
FXでもこの仕組みを利用して利益を上げていきます。円の価値が高い場合はドルを買い、ドルの価値が高い場合は円を買い、こうしたことを交互に繰り返して利益を求めていくのです。
もちろん、これは米ドルと円に限らず、ユーロと円、米ドルとユーロでも成り立ちますので、各国の通貨の特徴と、その国の経済状況や政策などを理解し、その通貨の価値が高まるのか、それとも低くなるのかを捉えていくことは大変重要なことであり、それらが如実に交錯する外国為替市場の為替レートを理解することは、FX取引での肝と言えるでしょう。