Menu:

FXの基礎


FXの学習法や上達法はたくさんあります。FXの基礎について学ぶのはインターネットや本などを、たくさんの資料があるので独学でも簡単にできると思います。

上達法となるとそうは簡単にいきませんが、FX会社でデモトレードのサービスをしているところがあるので、自分の資産を減らすことなく、実際と同じトレードを行なうことができます。

FXもスポーツと上達法は同じだと思います。ルールを知り、練習し、実践していく、それを繰り返していくことだと思います。


リスク管理


もちろん規模の大小関わらず金融取引におけるリスクを管理する事は大切で、ハイレバでリスク管理が出来ないと退場に繋がってしまい、大きな損失を抱える事もありますから、利点を活かして取引を行いたいものです。

rwerwewer



ロスカットの正体とその回避方法


ppio 投資取引を行っていく上で、万が一、大きな損失を抱えてしまったらどうしようか、ということは、投資家であれば誰しも考えることだと思います。
特にFXでは、比較的少額の資金から始められるために、投資取引を初めてやってみたという人も多いでしょう。
FXは2つの通貨を売買し、為替相場の変動を利用して利益を求めていきますが、当然、重い道理に為替レートが動くことはないので、思わぬ損失を招いてしまうこともあります。
このような状況から、緊急的に顧客を守るために、FX取引業者によっては「ロスカット」「マージンコール」というセーフティーネットのような仕組みを用意しています。

これは、預けている証拠金に対して、顧客が保持している通貨の評価損益、つまり、決済を行っていない時点での含み損が、一定の割合に達すると発動するようになっており、その割合は業者によって様々ですので、必ず確認しておく必要があります。

証拠金に対する含み損が進むと、まずマージンコールが行われます。これは顧客に対しての通達という形がとられ、証拠金が足りなくならないように資金を追加するか、もしくは、損失を含んでいる取り引きを決済して解消するかのどちらかを行うように促されます。なお、マージンコールがかかると、新たな取り引きが行えなくなる場合もあります。

さらに含み損が進むとロスカットが行われます。これは、非常に強力なセーフティーネットで、これが発動すると、その含み損を抱えている通貨に対してその含み損のまま決済を行い、損失になったまま強制的に解消させてしまいます。

そのまま通貨を保持していれば、為替が変動していって、含み損が解消されて含み益に変わっていく可能性もあるのですが、もちろんそうならずに、損失がますます増えていく可能性もあるため、顧客の資産を守るために取引業者はそこで損失を食い止めるように、緊急停止を掛けるのです。

FXには、信用取引により投資した資金の何十倍もの資金を動かすことが出来る、レバレッジという仕組みがあります。
このレバレッジは利益を大きくしますが、同時に損失も大きくしてしまいます。この要素が大きく作用して、レート上では小さな含み損でも、レバレッジによって増幅されて大きな損失に変わり、マージンコールやロスカットが働くこともあります。

これを防ぐには2つの方法があります。1つは証拠金を充分に用意して、マージンコールやロスカットがかかる割合を大きく取っておく事。
もう一つは、自分の証拠金と取引業者の提示しているそれぞれの発動の割合を把握し、そのラインに掛かるような含み損が出る前に、自ら損失抱えて決済をする損切りを行う事になります。
特にロスカットは、取引業者によるセーフティーネットではあるのですが、それによって一瞬で失う資金の額がやはり大きく、それだけでもう次の投資が行えなくなり、やむなくFXから撤退していく投資家も多いのです。
そうならないように、しっかりとロスカットを回避するためにも、自らで損切りを行うという習慣を身につけておく必要があるでしょう。