Menu:

FXの基礎


FXの学習法や上達法はたくさんあります。FXの基礎について学ぶのはインターネットや本などを、たくさんの資料があるので独学でも簡単にできると思います。

上達法となるとそうは簡単にいきませんが、FX会社でデモトレードのサービスをしているところがあるので、自分の資産を減らすことなく、実際と同じトレードを行なうことができます。

FXもスポーツと上達法は同じだと思います。ルールを知り、練習し、実践していく、それを繰り返していくことだと思います。


リスク管理


もちろん規模の大小関わらず金融取引におけるリスクを管理する事は大切で、ハイレバでリスク管理が出来ないと退場に繋がってしまい、大きな損失を抱える事もありますから、利点を活かして取引を行いたいものです。

rwerwewer



優れたカスタマーサポートPepperStone


ywere Pepperstoneは、オーストラリアのメルボルンに本拠地を構え、2011年からサービスを開始した、比較的新しいFXブローカーです。Pepperstoneは、業界最狭クラスのスプレッドや、優れたカスタマーサポートなどで、全体的な使い勝手が優れていることで評判の高い業者です。

Pepperstoneが用意するアカウントは、ディーリングデスクを介さずに、注文を市場に直接流すSTP方式のスタンダード口座と、ECNを介した売買が可能なRazor口座の2種類です。それぞれで提供されているスプレッドは違いますが、両方共に業界トップレベルの狭さです。

そんなPepperstoneへの新規口座開設は、簡単です。公式ホームページに用意された申し込みフォームに必要事項を入力し、身分証明証などの必要書類は、スキャナーやデジカメで画像化して送信するだけです。書類をやりとりする手間はありません。

そしてPepperstoneへの入金は、クレジットカードやマネーブッカーズに対応している他、日本国内の銀行への国内送金ができます。送金はXEマーケットレベルといえるでしょう、優秀です。三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の指定口座への入金では、三井住友銀行では40,001円以上、三菱東京UFJ銀行なら50,001円以上の入金なら、手数料がかかりません。通常海外FX業者への入金に銀行送金を使うと、送金手数料や為替手数料などで、コスト的にだいぶ不利になりますが、Pepperstoneは国内送金になるので余計な手数料はかかりません。

クレジットカードでの入金ではVISAとMasterCardに対応しており、手数料は無料です。

また出金に関しては、クレジットカードで入金の場合はその同額までは、クレジットカードへの返金、それ以外は銀行口座への送金となります。クレジットカードについては手数料がかかりませんが、銀行口座の場合には20豪ドル相当額の手数料がかかります。これらの手続きは、オーストラリア時間の月~金AM7:00までは当日出金、それ以外は翌営業日の出金となります。

Pepperstoneの弱点は、他のFXの業者が提供しているような、教育コンテンツが用意されていないことです。ベテラントレーダーには関係ないかもしれませんが、ビギナーのトレーダーは、他のサイトなどから自分で探して勉強する必要があります。

そういう視点から見れば、Pepperstoneは、まだこれからの業者と言えるかもしれません。しかしノーディーリングデスクやECN、低スプレッド、国内銀行への入金を始めとした優れた取引環境は、他の海外FXブローカーと比較しても優れていると言って良いでしょう。