Menu:

FXの基礎


FXの学習法や上達法はたくさんあります。FXの基礎について学ぶのはインターネットや本などを、たくさんの資料があるので独学でも簡単にできると思います。

上達法となるとそうは簡単にいきませんが、FX会社でデモトレードのサービスをしているところがあるので、自分の資産を減らすことなく、実際と同じトレードを行なうことができます。

FXもスポーツと上達法は同じだと思います。ルールを知り、練習し、実践していく、それを繰り返していくことだと思います。


リスク管理


もちろん規模の大小関わらず金融取引におけるリスクを管理する事は大切で、ハイレバでリスク管理が出来ないと退場に繋がってしまい、大きな損失を抱える事もありますから、利点を活かして取引を行いたいものです。

rwerwewer



60セカンドを初めて日本に上陸させたSmartOption


pouiker 今人気のバイナリーオプションである60セカンドを、初めて日本に紹介したのがスマートオプションです。スマートオプションが用意しているバイナリーオプションの対象は、外国為替だけでなく、世界的有名企業の株式や、原油や金、プラチナなどの商品先物、世界各国の株価指数など、多岐に渡って揃えられています。またスマートオプションでは、常に取引環境や取引ツールなどのアップグレードをしているので、さらに充実した環境で使いやすくなっています。

スマートオプションは、シンプルでハイロー.netのように使いやすい取引プラットフォームが評判です。また必要な情報はしっかりと表示されるため、初心者だけでなくベテラントレーダーでも満足できるシステムです。その取引プラットフォームで取引できるバイナリーオプションの種類は、4つ用意されています。バイナリーオプションの基本であるハイ・ローオプションに加え、自分でバイナリーオプションを組み立てることができるオプションビルダー、設定のレートに達するのかを予想するワンタッチオプション、そして超短時間取引で人気の60セカンドの4つです。ハイ・ローオプションでは最高で90%と業界でも最大級のペイアウト率を設定している他、買ったバイナリーオプションが予想通りの動きをしている時に、同じ条件のトレードをワンクリックで繰り返すことができるダブルアップ、逆に予想通りの動きをしていない時にオプションの期限を延長してイン・ザ・マネーのチャンスを増やすロールオーバーの機能が用意されています。

スマートオプションが取り扱っている取扱い銘柄は、13の通貨ペア、34の株式、19種類の株価指数、6つの商品先物の全部で73銘柄にもなります。これは海外バイナリーオプション業者の中でも充実しています。これらの豊富な取扱銘柄を、ハイ・ローオプションやオプションビルダー、ワンタッチオプション、そして60セカンドの好きなバイナリーオプションで投資することができます。バイナリーオプション購入後、2秒間までならキャンセル出来る機能もついているのは、スマートオプションを利用する大きな理由になります。

バイナリーオプションに限らず、海外の業者を利用する時に心配になるのが日本語対応です。言葉の問題でしり込みする人も少なくないでしょう。その点は、スマートオプションなら心配いりません。公式ホームページや取引ツール、口座開設など、取引に関わるすべてについては日本語対応がなされており、日本人スタッフによる丁寧な日本語サポートを受けることも可能です。サポートは電話とメール、そしてライブチャットにより日本時間の17時~23時の間に対応してもらえます。海外業者であり、海外市場を対象にしたバイナリーオプションを提供しているので、もっとも取引が活発になるのは日本時間の夜になります。これは会社員などで昼間忙しい人にとっては、大きなメリットになるでしょう。